おせちの豆知識記事一覧

新年を祝って食べられるおせち、そもそもおせちはなぜお正月に食べられるようになったのでしょうか。おせちと呼ばれるようになった理由ははっきりとわかりませんが、神様にお供えする料理を節日に行われていたものを節供料理といい、その「おせっく」を略しておせちと呼ばれるようになったと言われています。正月は特に節日の中で新年を迎える大切な日だったので、新たに一年を迎えられる喜びとこれからの健康や繁栄を祈って、神様...

おせちは現在も続く新年を祝う日本の伝統的な料理ですが、おせちの由来は何なのでしょうか。おせちは平安時代の宮中料理として出されたのが初めてとされていますが、広く一般的になったのは江戸時代後期の徳川家によって庶民も食べられるようになったとされています。おせちは今ではお正月を迎えた時に食べる祝いの料理という考え方が一般的ですが、おせちが始まった当初はごちそうを食べるというよりは、五穀豊穣や新年を豊かに過...

オードブルや中華料理と多種多様になってきているおせちですが、今世界的に日本食ブームが起きていて、おせち本来の和食が注目を受けています。また、長持ちすることとヘルシーであることも注目され、その栄養のバランスの良さも特徴です。代表的な料理を挙げるだけでも、煮物としてレンコンにゴボウやニンジン、里芋にその他の野菜、タンパク質をたくさん含んでいる黒豆、カルシウムがたっぷり詰まった田作りなどヘルシーながら健...

おせちは新年を迎えた喜びを祝うものですが、詰め方にも特徴があります。本来のおせちの正しい形は五重詰めとされています。なぜ五重にするかというと、重箱の四段目まではおせち料理を詰めて五段目を空にすることでそこに神様を向かい入れ、運を分けてもらうという意味が込められているのです。今ではその五段目をなくし四重のものがおせちの正しい詰め方とされています。ですが、四は死を連想させてしまうとして縁起が悪いとされ...

日本の正月を飾る上で欠かせないおせちですが、最近では色々な購入者のニーズに合わさせたおせちが出てきています。大きく分けると三つの種類で分けることができます。一つ目は高額な豪華なおせちです。景気回復の兆しともいえるのか、新しい一年を迎えるということで高額なおせちを買う人も増えてきているようです。普段食べられないような高級料亭のおせちや、有名な料理人によって監修されたおせちなど特別な日を特別なおせちで...