おせちならではの定番具材記事一覧

おせち料理は新年をこれから無事に過ごせるようにと思いが込められた日本の伝統的な料理です。内容にもこだわりがあり、食材や料理に験を担いでいます。ではおせちに必ず入っている伝統的な料理の中で黒豆はどういった意味を持っているのでしょうか。黒豆は主に砂糖と醤油を使った黒い煮豆のことです。込められた意味には苦労を厭わず物事に取り組むことと、体の丈夫な様をまめと呼ぶことから元気の象徴として黒豆がおせち料理に選...

色々な縁起を担いだ料理を食べる日本の伝統的なおせちには様々な食材が使われます。数の子もその中の一つです。国内のマーケットで売られている数の子として、塩蔵数の子というものとポピュラーな味付けタイプの2タイプが存在します。通常は塩蔵数の子が良質で高価なタイプとされているようです。普段は食卓に上ることなく正月のおせちや結納の宴料理の材料として扱われ、粒が多い数の子は子孫が繁栄するイメージがあることから、...

日本の伝統的なごちそうを食べることができるおせちには必ずと言っていいほど豪華なえびが入っています。ごちそうを楽しむ上でえびが入っているのもそうなのですが、やはりえびにも縁起が担がれています。そのえびに込められた思いは長寿祈願です。なぜ長寿祈願なのかというと、えびは漢字で書くと海老となります。それはえびが長いひげをもち姿が丸まっている姿が老人に似ていることから海の老人、海老と書いたとされています。そ...

なますは本来中国と同様の料理をさしていたとされるのですが、院政が行われた時代以後は魚介とか野菜などに調味料をまぶして食す料理にあたる和え物と同じ料理として扱われるようになりました。その後酢であえた和えもののことを「なます」というようになり、野菜だけを用いた精進なますといわれるものが出てくるといった、中国とは異なるものになっていったものが現在のなますです。江戸時代までなますは膳の中でもメインディッシ...

おせち定番にある伊達巻ですが、伊達巻にはどんな意味が込められているのでしょうか。伊達巻という料理は、白身魚とかエビの身をすりおろした物に溶き卵と出汁を足してすり混ぜて、みりんまたは砂糖にて甘く味付けて焼き上げたものを熱いうちに巻きすで巻いて形を整えたものです。家庭で作る場合はすり身の代わりに簡単に手に入って本来の伊達巻と同じものが入っている魚肉練り製品のはんぺんを代わりに使うことも多くあります。日...