意外と知らないおせちの作り方記事一覧

新年を迎え心機一転頑張ろうと願いを込めて作られるおせち料理ですが、なかでも紅白のかまぼこは代表的でもあります。丸いままのカマボコもいいのですが、お正月のおせちでは飾り切りをされたものがほとんどです。飾り切りをするだけでもおせちの見栄えが良くなり、豪勢な感じに演出することもできるので、使い勝手が良いと言えるでしょう。飾り切り以外でも短冊切りにしてほうれん草の和物に加えたり、サラダに加えて食感を楽しん...

お正月を迎えるうえで大事なおせちですが、最近は2重詰や3重詰といったお手軽にできるものが増えてきました。ですが、本来のおせちは5重詰です。なぜ重箱でしかも5重詰めが良いとされているかというと、めでたさが重なるという意味とおせちは年神様に供える縁起物ともされており、5重目を空っぽにして神様から服をもらうという願いを込めるそうです。5重詰めには一段一段の入れ方があって、一の重にはお屠蘇を飲む時の祝い肴...

おせちは五段重めが本当は正しい詰め方なのですが、少子高齢化や、核家族化が進んでいく中で自然と数が減り、ここ最近では三段重のおせちが多くなってきています。三の字や五の字は縁起がいいとされる数でもあるので、この段数が主流になったとされています。三段重でも五段重でもそこに同じ気持ちが込められていれば問題は全くないので、5段重が正しいからと変える必要はありません。正しい詰め方を覚えて年始めからしっかりとし...

皆さんはおせちの正しい詰め方を知っているでしょうか。伝統的なおせちは本来5段重でそれぞれの重で違う料理を詰めていきます。一の重は祝い肴を詰めて、二の重には酢の物や口取りを詰めていき、三の重にはメインディッシュとなる焼き物、与の重には煮物を詰めることとされています。五の重は控えの重と言って空にすることでそこに福を呼び込み一族の益々の繁栄を願います。ちなみに四段目を四という字を用いず与と呼ぶのは、死を...

一年の繁栄と健康を願って作られるおせち。そんな大切なおせちをてきとうにしたくないと最近ではおせちの料理教室があるようです。世界的に和食が注目されるようになってきてからか若い主婦層でもおせち料理に注目するようになってきました。伝統的な料理から、おせちに合う料理に最近では洋食も取り入れるおせちもあるようで、オシャレなおせちも人気が出てきています。どんな食べ物であっても気持ちを込めて作ればそれはどんな形...