パイロープガーネット・アルマンディンガーネット 【1月の誕生石】

パイロープガーネット・アルマンディンガーネット 【1月の誕生石】

Pyrope Garnet・Almandine Garnet

パイロープガーネットは、オーストラリアやチェコなどで産出される赤いガーネットの一種で、黒みがかった赤色が特徴です。パイロープの語源は、ギリシャ語で「ピロポス(火炎)」という意味に由来します。

アルマンディンガーネットは、パイロープよりも濃い地色でややピンク味を帯びた色調です。世界各地で産出されますが、古くからアルマンディンを研磨しているトルコのアラバンダ(現・アラサフィール)にちなんで命名されています。

2つのガーネットは融合されていることが多く、一般的に「パイロープ・アルマンディン・ガーネット」として流通されています。こちらのページでは、アルマンディンガーネットとパイロープガーネットの魅力と楽しみ方を紹介します。

個別の宝石だが、成分が融合されていることが多い

「アルマンディンガーネット」と「パイロープガーネット」は別の宝石ですが、成分が融合されていることが多いです。見た目の違いはわからないうえ、希少性の高い珍しい宝石というわけではないため、宝石鑑別書が作成されることは少ないでしょう。そのため、しばしば「パイロープ・アルマンディン・ガーネット」として流通されています。

落ち着いた赤が魅力のパイロープガーネット

原石の種類:鉱物種パイロープガーネット
/和名【苦礬ざくろ石】
モース硬度:7〜7.5
結晶系:等軸晶系
化学組成:マグネシウム・アルミニウム珪酸塩 
劈開:なし
光沢:ガラス状
:赤、紫、茶

赤いガーネットを代表する種類のひとつが、パイロープガーネットです。茶色に近い少し暗めの濃赤色で、比較的小粒の結晶で採石されます。小粒の良さを活かし、昔から粒を集合させたデザインに仕立てられてきました。

ヨーロッパでは、古くから装飾品として親しまれてきたことから、アンティークジュエリーなども多いガーネットです。赤系色の宝石としてはもっとも落ち着いた色合いで、長く楽しめる宝石のひとつでしょう。

ややピンク味を帯びた、アルマンディンガーネット

原石の種類:鉱物種アルマンディンガーネット
/和名【鉄礬ざくろ石】
モース硬度:7〜7.5
結晶系:等軸晶系
化学組成:鉄、アルミニウム珪酸塩
劈開:なし
光沢:ガラス状
:赤、紫、橙、茶

赤いガーネットに代表されるもうひとつの種類が、アルマンディンガーネットです。比較的大きなサイズで採石されるため、パイロープなどの他のガーネット成分が含まれることも珍しくありません。

産出量が多い種類ですが、高品質なものが採石されることは少ないです。インクルージョンを示すのが特徴で、典型的なものにルチルや角閃石の針状結晶があげられます。カボションカットすると4条のスターが見られることもあります。

宝石の種類カテゴリの最新記事