シトリン【11月の誕生石】

シトリン【11月の誕生石】

Citrin

シトリンは、黄色や黄金色をした水晶のことです。鉄に起因して黄系色を示すシトリンの語源は、柑橘類を意味する「シトラス」に由来します。

こちらのページでは、シトリンの魅力と楽しみ方を紹介します。

原石の種類鉱物種クオーツ/和名【石英】
モース硬度7
結晶系六方晶系・三方晶系
化学組成二酸化珪素
劈開なし
光沢ガラス状
黄、紫

アメシストが加熱されて、黄色になる

天然のシトリンは産出が限られているため、流通しているもののほとんどはアメシストを加熱したものです。紫の宝石として知られるアメシストは、加熱すると鮮やかな黄色に変化するのです。

シトリンの濃淡は、鮮やかなものから淡いものまでさまざまですが、色のまじりけがない単色のものが高品質とされます。また、濃いオレンジ色をしたものは「マデイラシトリン」と呼ばれ、マデイラワインのような色であることにちなんでいます。シトリンは、11月の誕生石でもあります。

宝石の種類カテゴリの最新記事