原石【養殖真珠】

原石【養殖真珠】

原石【養殖真珠】

原石の種類有機物:養殖真珠
Cultured pearl
モース硬度:2.5~4
結晶系:直方晶系
化学組成:炭酸カルシウム、コンキリオンおよび水
劈開:なし
光沢:真珠状
:白、灰色、黒、紫、赤、橙、黄、緑、青、茶

養殖真珠とは

養殖真珠とは、アコヤ貝、シロチョウ貝、クロチョウ貝などの母貝から真珠を採取するため、人工的に生成される真珠です。母貝に小さな異物(挿核)を差し入れ、その回りに真珠層を形成する技術を用います。

一般的に流通している真珠の多くは、養殖真珠です。 色は、クリーム色や薄いピンク色などの白系色から、緑色や黒色などさまざまで、貝の種類や養成環境によって異なります。

養殖真珠は他の宝石に比べて、酸や乾燥、湿気にデリケートで、経年劣化しやすいのが特徴であるため、使用後は丁寧に布で拭き取るのが大切です。

御木本幸吉が築き上げた養殖技術

養殖真珠のはじまりは、1890年代です。日本の御木本幸吉らによって真珠の養殖技術が確立され、半円真珠の採取に成功します。これが「真円養殖真珠」のはじまりで、現在流通している完全な球型をしたものは、御木本幸吉らの功績が大きいでしょう。

御木本幸吉は、1899年に真珠専門店「御木本真珠店(現・ミキモト株式会社)」を創業し、海外にも支店を開きました。“ミキモトパール”の名は世界に知られ、御木本の「世界中の女性を真珠で飾る」という想いは、現在も社員に受け継がれています。

養殖真珠からできる宝石の種類

宝石の種類一覧カテゴリの最新記事