ダイヤモンドの種類一覧【4月の誕生石】

ダイヤモンドの種類一覧【4月の誕生石】

Diamond

ダイヤモンドは、地球上で一番硬い物質であり、ほかにはない金剛光沢と強い輝きをもつ宝石の象徴的な存在です。一般的に透明無色を代表する宝石として知られていますが、黄色や褐色、グリーン、ブルー、ピンクなどのカラーダイヤモンドも人気があります。

こちらのページでは、ダイヤモンドのさまざまな種類を紹介します。

ダイヤモンドの種類一覧

ダイヤモンド(カラーレス)

ダイヤモンド

宝石を象徴するカラーレスのダイヤモンド。ダイヤモンドの多くは無色から淡い黄色で、最上ランクである無色透明〜黄色味がかった色まで、23段階で細かくグレード分けされています。

イエローダイヤモンド

イエローダイヤモンド

黄色いダイヤモンドの中でも、鮮やかな黄色のものは、カラーダイヤモンドとして高い評価を受けます。カナリーイエローなど黄金色に輝くダイヤモンドは、希少価値があります。

ピンクダイヤモンド

ピンクダイヤモンド

女性から常に人気のある宝石が、ピンクダイヤモンドです。天然のものは供給が限られているため、非常に高価で取り引きされています。選び方は、選択肢を広げるのがポイントです。

ブルーダイヤモンド

ブルーダイヤモンド

カラーダイヤモンドの中でも、もっとも希少性が高いブルーダイヤモンド。手に入れるのは非常に困難で、世界的に有名なオークションで取引がされるほどの宝石です。

グリーンダイヤモンド

グリーンダイヤモンド

グリーンダイヤモンドは、青みがかったエメラルド色や爽やかな若草色など、さまざまな色調があります。蛍光性を楽しめるので、個性的な雰囲気を求める人にも。

ブラックダイヤモンド

ブラックダイヤモンド

ブラックダイヤモンドは他のダイヤモンドに比べて硬く頑丈です。そのため、主に研磨剤や削岩機などの工業用として利用されますが、結晶のサイズが大きめで品質の良いものは宝石にもなります。

宝石の種類一覧カテゴリの最新記事