マンダリンガーネット(スペサルティンガーネット )【1月の誕生石】

マンダリンガーネット(スペサルティンガーネット )【1月の誕生石】

Mandarin Garnet

スペサルティンガーネットの中でも、みかんのような鮮やかなオレンジ色で人気があるのが、マンダリンガーネットです。珪酸塩鉱物でアルミニウムを内部に含み、パイラルスパイトグループに属します。

こちらのページでは、マンダリンガーネットの魅力と楽しみ方を紹介します。

原石の種類:鉱物種スペサルティンガーネット
/和名【満礬ざくろ石】
モース硬度:7〜7.5
結晶系:等軸晶系
化学組成 :マグネシウム・アルミニウム珪酸塩
劈開:なし
光沢:ガラス状
:橙、黄、赤、茶
現象:カラーチェンジ

果物を連想させる鮮やかなオレンジカラー

スペサルティンガーネットは珪酸塩鉱物で、パイラルスパイトグループ(アルミニウムガーネット)に属し、ガーネットグループの中では、もっとも宝石質の原石が少ない種類です。透明度が高く、鮮やかな色の大粒は非常に希少性の高い石として扱われています。

希少なスペサルティンの中でも、近年人気があるのが「マンダリンガーネット」です。果実のマンダリンオレンジを連想させることから名付けられた「商品名」になります。マンダリンガーネットは、1990年代初めにナミビアのククネ川で発見され、ナイジェリア、タンザニアでも相次いで採石されるようになりました。

カット次第で、カラーダイヤのような輝きが見られる

元々は淡黄色ですが、鉄の含有量が多ければ多いほど濃い赤色になるため、明るいオレンジ色から黄色味がかった茶系色まで見られます。マンダリンガーネットよりも赤みの強い「タンジェリンガーネット」も同じように人気があります。

このようなビビットなカラーは、人気だけでなく、スペサルティンガーネットの中でもっとも評価されるものです。特に、黄色や褐色が混ざっていない濃く鮮やかな果物カラーは、最上級になります。色がよくのっていて屈折率も高いため、カット研磨次第ではカラーダイヤのように美しい輝きが見られるでしょう。

宝石の種類カテゴリの最新記事