真珠の種類一覧【6月の誕生石】

真珠の種類一覧【6月の誕生石】

宝石のイラスト・真珠の種類一覧【6月の誕生石】

真珠の種類一覧【6月の誕生石】

真珠とは、生きた貝の中で産出され、もともと光っている宝石です。真珠にはさまざまな種類があり、水温などの生育環境や条件の違いによって、色や粒の大きさといった特徴が異なります。現在、流通しているものの多くは養殖された真珠です。日本人が築き上げた真珠養殖の技術は高く、今日も世界的に評価される美しい真珠が採取されています。

真珠は、西洋では「神々の涙」と信じられ、日本では神への供え物として供えられてきました。世界中の女性が冠婚葬祭などでパールジュエリーを身につけているのは「真珠が悪霊から身を守ってくれる」と、古くから信じられているためです。

こちらのページでは、6月の誕生石としても有名な真珠の魅力やさまざまな種類を紹介します。

真珠(パール)の種類

アコヤ真珠

アコヤ真珠

アコヤ真珠は、日本人によって技術が開拓された養殖真珠です。主産地を日本とする美しい真珠です。

白蝶真珠(南洋真珠)

白蝶真珠(南洋真珠)

東南アジアやオーストラリア海域を主産地とする白蝶真珠。ホワイト系とゴールド系の2タイプに大別され、10ミリ以上の大粒が採石されます。

黒蝶真珠(タヒチ黒真珠)

黒蝶真珠(タヒチ黒真珠)

タヒチ島を主産地とする黒蝶真珠。 黒い真珠が一般的ですが、明るいグレーなどの色味もあります。独自のカラーで人気の種類です。

コンクパール

コンクパール

大型巻き貝から産出する天然の真珠。ピンクや白などの淡い暖色系で、その可愛らしい色味から女性に人気があります。

真珠(天然パール)

真珠(天然パール)

非常に稀に採取される天然の真珠。天然真珠は大きさや形がさまざまですが、希少品質である大粒の丸珠ともなると、オークションで億単位の取り引きが行われるほどの価値があります。

真珠のお手入れについて

主成分が炭酸カルシウムである真珠は、水、酸、熱にもデリケートに反応する性質をもちます。そのため、皮脂や汗には十分に注意したいところです。使用後は柔らかい布などで拭くのを習慣化してしまいましょう。汚れが気になるときは、ぬるま湯に浸した布で、やさしく拭き上げるとよいです。水分をしっかり拭き取って、きちんと乾燥させ、収納の際は他の硬い宝石類に当たらないようにしましょう。宝石箱も布製などの柔らかいものだと安心です。

  • 食品や洗剤を苦手とするので、家事の際は外します
  • 入浴やプールなどの際も外すのを忘れずに
  • 化粧品からの影響を抑えるため、メイクをしてから身につけましょう
  • ヘアケア用品や日焼け止め、ハンドクリームなどにも注意が必要です
  • 食べ物に接触しないようにしましょう(特に柑橘系の果物やお酢など)
  • 収納の際など、他の宝石など硬いものとの接触を避けます