ピンクダイヤモンド【4月の誕生石】

ピンクダイヤモンド【4月の誕生石】

Pink Diamond

淡い桜色や、紫がかった桃色をしたダイヤモンドのことを総称してピンクダイヤモンドといいます。ピンク色の要因は、成分によるものではなく、結晶構造のゆがみであると考えられています。

こちらのページでは、ピンクダイヤモンドの魅力と楽しみ方を紹介します。

原石の種類:鉱物種ダイヤモンド/和名【金剛石】
モース硬度:10
結晶系:等軸晶系
化学組成:炭素
劈開:強い
光沢:金剛
:ピンク
産地:インド、ブラジル、南アフリカなど

高価な天然のピンクダイヤモンド

ピンクダイヤモンドは、古くからの主産地であるインドやブラジルのほか、オーストラリアや南アフリカでも産出されます。天然のピンクダイヤモンドは供給が限られていて非常に高価であるうえ、女性から常に人気のある宝石です。

品質判断としては、茶色味がかっていない純色であることがポイントです。稀にレッドダイヤモンドが産出されることもあります。

人工処理された石がほとんど

ピンクダイヤモンドを求めるときに防ぎたいのが「天然のつもりで購入したが、人工処理がされていた」ということです。安価なピンクダイヤモンドの場合、処理やトリートメントが施された人工宝石であることがほとんどです。

天然のピンクダイヤモンドを求める場合、人工処理されたものがほとんどであることを知ったうえで選べば、納得した買い物ができるでしょう。

希少な宝石は、柔軟な視野で選ぶのがポイント

小粒であっても高価なピンクダイヤモンドは、選び方が大切です。絶対数の少ない宝石は、予算をはじめ、色やデザインを限定してしまうと希望のものに出会えないことが多いのです。

ピンクダイヤモンドを選ぶ場合は、あまり基準を設けず、できるだけ選択肢を広げることがポイントです。そして、少々の傷があっても、好みの色味であればそれを優先しましょう。耐久性を問うような傷でなければ、それほど問題視する必要はなく、むしろ魅力のひとつになり得る要素といえます。

宝石の種類カテゴリの最新記事