【絵画心理テスト】ストレス軽減と燃え尽き回避の方法

【絵画心理テスト】ストレス軽減と燃え尽き回避の方法

質問

「雨」をテーマにした絵画、一番好きなのはどれ?

この心理テストで診断できることは…

【ストレス軽減と燃え尽き回避の方法】

「雨」はストレスを象徴し、好きな絵画はストレスとのより良い付き合い方を表します。プレッシャーや緊張をできるだけ減らし、仕事などでの燃え尽きを回避する方法を診断しましょう。

【A】の絵画を選んだあなたは

【集中タイムをつくる】

モネの降り注ぐ雨の風景美を選んだあなたは、集中タイムを作りましょう。集中しているときに邪魔が入ると、集中力が戻るまでに約20分かかるといわれています。つまり、集中している瞬間を一旦逃すと、元に戻すのが難しいというわけです。メール、SNS、アプリなど頻繁に気が散る原因となるものはあらかじめ通知をオフにして一気に集中し、作業が終わったら内容を確認するようにしましょう。

クロード・モネ《雨のエトルタ》1886年

【B】の絵画を選んだあなたは

【戸外を散歩する】

カイユボットのパリ通りを選んだあなたは、戸外を散歩してみてはいかがでしょうか。昼食後に戸外を20分歩くと、創造力が高まるといわれています。休憩時やストレスを感じたときに、軽い散歩をしてみましょう。1対1の打ち合わせなら散歩しながらやってみると運動にもなりますし、驚くほど多くのアイデアが湧いてくるかもしれません。自然がある公園などなら尚よいです

ギュスターヴ・カイユボット《パリの通り、雨》1877年

【C】の絵画を選んだあなたは

【オンとオフの切り替えをする】

オーギュスト・コットの幻想的なロマンスを選んだあなたは、オンとオフを区切るようにしましょう。常に「オン」の状態は効率面や生産性に悪い影響が出るもの。午後7時以降はメール確認をしない、寝る前に漠然とSNSをチェックしないなどといったルールを決め、メリハリをつけます。オフの時は、芸術や音楽などあなたの心が潤うような時間を過ごすとよいでしょう。

ピエール・オーギュスト・コット《嵐》1880年

【D】の絵画を選んだあなたは

【瞑想をする】

エドウィン・チャーチの神秘的な雨の風景を選んだあなたには、瞑想がおすすめです。瞑想はストレスを減らす効果があるといわれています。朝行えば精神的なゆとりをもって一日をスタートできますし、夜なら一日分の疲れを和らげることができます。習慣化することで、あらゆる挑戦に取り組む余裕や意欲が生まれることでしょう。

フレデリック・エドウィン・チャーチ《熱帯雨季》1866年

ストレス軽減と燃え尽き回避まとめ

精神的なストレスによるダメージは、単に休めば回復するというものではなく、それぞれに合った回復法があります。これを機に、仕事だけでなく、生活を全体的に見つめ直してみましょう。

▼ 記事をシェアする ▼

心理テストカテゴリの最新記事