白蝶真珠(南洋真珠)【6月の誕生石】

白蝶真珠(南洋真珠)【6月の誕生石】

Shirocho cultured Pearl

白蝶真珠は、東南アジアやオーストラリア海域に分布するウグイスガイ科の二枚貝から採取される養殖真珠です。白系色やシルバー、ゴールドの大玉が生まれ、10ミリ以上の大粒の丸珠は高く評価されています。

こちらのページでは、白蝶真珠(南洋真珠)の魅力と楽しみ方を紹介します。

原石の種類:有機物【養殖真珠】
モース硬度:2.5~4
結晶系:直方晶系
化学組成:炭酸カルシウム、コンキリオンおよび水 
劈開:なし
光沢:真珠状
:ゴールド、黄、白、青、灰色

ゴールド系とホワイト系の2タイプがある

白蝶真珠は、赤道付近であるインドネシアやオーストラリアなどの海域に生息する大型の二枚貝から稀に採石される真珠です。別名を南洋真珠といい、戦前に南洋と呼ばれた南の島々で、日本人が白蝶真珠の量産に成功したことに由来します。30センチほどの大きさのものもある白蝶貝からは、10ミリ前後の大きめの粒が多く、ときには20ミリ以上のものが産出されることもあります。

白蝶真珠のカラーは、ゴールド系とホワイト系の大きく2タイプに分けられます。貝の内側に真珠光沢が見られる部分があるのですが、その外側にある縁の色の違いに起因します。縁の色が黄色系であれば「ゴールドリップ」となり、黄色やゴールド色が現れます。主に、フィリピンやインドネシア、ミャンマー海域に多く見られます。縁の色が黄色以外のものは「シルバーリップ」となり白やグレー色となって産出されます。主に、オーストラリア海域で見られます。 

白蝶真珠は天然のものと養殖のものがありますが、養殖の場合は真珠の色を計画的に作り出すことができます。日本でも、鹿児島の奄美大島で養殖が行わているほか、沖縄の石垣島でも量産されています。奄美大島からは「奄美パール」と呼ばれるゴールド系の真珠が作られており、中でも美しいものは「サンシャインゴールド」という商品名で流通されています。石垣島で作られるものは「琉球真珠」や「沖縄真珠」と呼ばれています。   

白蝶真珠を選ぶポイント 

白系色の場合、テリの美しさが大切なポイントです。ゴールド系のものは、色が濃いいほど価値があると判断されるのに対して、薄い黄色系はリーズナブルになります。 

形状もさまざまで、真円の「ラウンド」や真円に近い「セミラウンド」をはじめ、「サークル」と呼ばれる外周を囲む溝のような線があるもの、しずく型の「ドロップ」、凸凹のある「バロック」と呼ばれるものもあります。ラウンドで、大粒であるほど評価は高くなります。ネックレスやブレスレットのように真珠を連ねたものの場合には、連相が揃っているかも確認しましょう。 

真珠層の厚みのことは「まき」といわれ、一般的に厚みのあるほうが評価されます。まきが厚ければ、テリも良いとは限らないため、総合的に判断することが大切でしょう。世界共通の明確な基準があるダイヤモンドに対して、真珠は鑑別所で独自の基準を設けているのが特徴です。   

宝石の種類カテゴリの最新記事