トルマリンの種類一覧【誕生石】

トルマリンの種類一覧【誕生石】

宝石のイラスト・トルマリンの種類一覧【10月の誕生石】

View this post on Instagram

トルマリン/Tourmaline

A post shared by 世界の美術品と絵画 (@hosekinsta) on

Tourmaline

トルマリンとは、10種類以上の鉱物を総称したグループ名のことで、数ある宝石の種類の中でも多彩な色があることで知られています。成分の違いによって、緑や赤、黄色など、さまざまな色を生み出すのが特徴です。

こちらのページでは、トルマリンのさまざまな種類を紹介します。

原石の種類:鉱物種トルマリン/和名【電気石】
モース硬度:7〜7.5
結晶系:六方晶系・三方晶系
化学組成:複雑なホウ珪酸素
劈開:なし
光沢:ガラス状
:多色

グループ名称を指す「トルマリン」

トルマリンは、正確にいうと宝石の名前ではありませんが、10月の誕生石として、宝石の一種に位置づけられています。また、静電気を帯びる性質であることから、和名を「電気石」といいます。

トルマリンの種類一覧

グリーントルマリン

主にブラジルで産出されるグリーントルマリン。黄色みがかった緑から青みがかった緑まで、さまざまな色味があります。

バイカラートルマリン

1つの結晶に2色以上の色が見られる、バイカラートルマリン。

ウォーターメロントルマリン

スイカを輪切りにしたような2〜3色のカラーをもつウォーターメロントルマリン。

パライバトルマリン

鮮やかなネオンブルー色で人気のパライバトルマリントルマリン。美しい色合いで人気のある宝石です。

トルマリンキャッツアイ

猫の目のような光の線(キャッツアイ効果)が見られるトルマリン。

ルーベライト/ピンクトルマリン

女性に人気の高いピンクトルマリン。赤みが強いものはルーベライトという宝石名がつきます。

カナリートルマリン

イエロートルマリンの中でも、黄色がよくのっているカナリートルマリン。

インディゴライト

ブラジルなどから非常に稀に産出される、濃い青系色をしたトルマリンをインディゴライトといいます。

宝石の種類一覧カテゴリの最新記事