イエローダイヤモンド【4月の誕生石】

イエローダイヤモンド【4月の誕生石】

Yellow Diamond

カラーダイヤモンドの中でも、よく見かけるのがイエローダイヤモンドです。南アフリカのケープ州などでは、美しいイエロー色のダイヤモンドが産出されます。このイエロー色は、微量な窒素が取り込まれることに起因します。

こちらのページでは、イエローダイヤモンドの魅力と楽しみ方を紹介します。

原石の種類:鉱物種ダイヤモンド/和名【金剛石】
モース硬度:10
結晶系:等軸晶系
化学組成:炭素
劈開:強い
光沢:金剛
:黄色
産地:南アフリカなど

鮮やかな黄色は、カラーダイヤモンドとして評価される

ダイヤモンドは、無色のものが多いという認識が一般的です。しかし実際には黄色みや褐色がかったがかったものが多いため、カラーダイヤモンドの中では、黄色はしばしばランクが低いとされます。しかし、黄色いダイヤモンドの中でも、鮮やかな黄色がのっているものは、カラーダイヤモンドとして高い評価を受けるのです。

近年発見された、カナリーイエローやマーマレードイエローといった黄金色に輝くダイヤモンドは、希少性に値するとされ、黄色いダイヤモンドの価値観を大きく変えました。イエローダイヤモンドは、オレンジ味を帯びていないレモン色が高品質とされます。

イエローダイヤモンドは、輝きやデザインが美しいジュエリーが数多くあります。ランクが低いからという理由だけで候補から外してしまうのは、勿体ないでしょう。カラーダイヤモンドを選ぶなら、イエローダイヤモンドも選択肢のひとつにしたいところです。

イエローダイヤの傷は、輝きを増す要素にも

傷のあるダイヤモンドはしばしば敬遠されるものですが、イエローダイヤモンドであれば、傷は輝きを増す要素にもなります。美しさや耐久性に欠ける傷でなければ、問題視する必要はないでしょう。

また、ダイヤモンドのカラーグレードは、観測する人によって若干ランクが変わることも珍しくありません。傷の有無や、カラーグレードにこだわるのも良いですが、ダイヤモンドが独自にもつ輝きを、自分自身の目で判断して楽しむのも大切でしょう。

宝石の種類カテゴリの最新記事